英君 山廃純米 1800ml

特定名称:山廃純米 原材料:米・米こうじ

精米歩合:65% アルコール度数:15-16度

※今年の出来栄えまず間違いなく過去最高です

かなり美味しく仕上がっているので是非ご体験を※追記2020年10月23日

兵庫県産「愛山」100%

早いもので最初に試験醸造された時から今作で5期目とのこと

2020年現在でも全国的に見ても「愛山」を使った山廃仕込みのお酒は珍しいのではないかと思います

新しいことへの挑戦は様々な理由がありますが重要な事の一つに既存品へのブラッシュアップを兼ねているところです

そして今までの山廃としての一つの集大成が今作になります

基本的には春に上槽し瓶詰め

その後15度前後の吟醸用倉庫にて半年ほどの貯蔵を経てリリースとなりました

今年の作品は今までと比較をしても明確な風味の輪郭がありながらもバラけておらずに整っている感じがしています

例年よりも幾分スッキリ系に仕上げられていると感じる部分もあります

愛山を使って醸されるお酒はかなりの確率で芳醇タイプ(フルーティー系や甘味がメイン)の仕上がりが多いのですが日本酒担当:稲吉が気に入っているのは英君ブランドとしての山廃愛山は全く別の仕上がり具合になっている事です

今年の特徴は冷やすとだいぶスッキリ感のある辛口仕上がりに感じやすいのと常温まで戻すにつれて奥の方から愛山らしさのある上品な甘さがある心地よい芳醇かつふくよかな香り(フルーティーではない)とそれにともなった甘旨な味わいがじんわりと出てきます(本当にじわじわと出てきます)

非常に飲みやすい仕上がりですが物足りなさが無いお酒です

ただあまりにも冷やしすぎていると特に感動の無い辛さだけが残る感じが否めませんのでそこだけはご注意を

いわゆる山廃感のようなモノは出てない(感じにくい)のであまり山廃という単語にとらわれずにお楽しみ頂けたらと思います

 

今後は英君的山廃仕込みをどこまで昇華させていくのかが今からとても楽しみで仕方ありません

近年の設備投資等の成果などもあるとはおもいますが数年前と比較しても格段に酒質向上している英君シリーズ

今年の新酒以降にも期待が膨らみます

商品価格(税別)
\2,950