百楽門 どぶろく 生 1800ml

特定名称:どぶろく(その他の醸造酒) 原材料:米・米こうじ

精米歩合:—-% アルコール度数:16-17度

お待たせしました2020年11月20日入荷となりました

にごり酒ではなく本当の「どぶろく」です

今年も例年の如くバリバリに元気ですので開栓は必ず注意の程をお願いします

絶対に吹きますので必ず要冷蔵保管してください(冷蔵しておかないと爆発します)

一升瓶のみ蓋にガス抜きキャップを採用しています

冷蔵庫などでは必ず立てて保管をしてください(上から漏れ出します)

四合瓶と500ml詰の方に関しても必ず立てて保管をお願いします(ガス抜きキャップではないですが)

 

開け方としては

一升瓶のほうは上部のガス抜き穴よりガスが抜けますのでその穴がしっかりと開いてるか確認し開いて無ければ千枚通しのようなもので軽く穴を開けて下さい

それでも吹き出すことがありますのでボウルの上などで開けていただくと宜しいかと思います

四合瓶などのほうはただのネジキャップですので左回りにほんの少しずつ開けていきまして液面が上がってきましたらまた締めてください(液面が下がります)

コレの繰り返しで液面が上がってこなくなりましたらゆっくり開けてみて下さい

受け皿としてボウルなどを用意してその中でやるのを推奨します

また氷水などにつけながらのほうが比較的早く開けられるかと思います

開栓までの目安は大凡で10分くらいとなります(四合瓶などのほう)

 

2020年のは気のせいかもしれませんが例年よりも元気な気がします

発酵が強い感じがしていますので開栓時に苦労するかもしれません

充分にご注意下さい

 

さて肝心の風味のほうですが

薫りが例年よりもやや控えめな感じですが少し時間をおくことでじわじわと出てくるかもしれません

例年であれば米由来のふくよかな薫りと乳酸系統に濃厚さが分かる感じかつどこかしら爽やかさのある薫りでした

初日(開けたて)はかなりガスが強いですが(未だに発酵中の為)二日目以降は非常に大人しくなりとてもおだやかなどぶろくへと変化していきます

一気に米感が強くなり更に食べるお酒のような感じが強調されます(入っている米粒も大きめの為)

味わいの全体的な方向は旨味・甘味・酸味でバランスをとっている感じです

苦味を感応する方もいらっしゃってその場合は二日目以降の落ち着いた味わいの方がいいかもしれません

開けたてのときは確かにガス感がかなり強くその泡っぽさがまた楽しかったりしますがそのせいで苦味が出やすいのもあります

またお酒としては非常に若いので他の味が出る前にそれが感じやすい状態であるとも言えます

ですのでそれが苦手な方は開けたてのシュワっとしたどぶろくは一杯でやめて三日目以降の落ち着いた味わいを楽しんでいるというパターンもありました

ですが生であり更に発酵継続中というお酒ですので開栓後は速やかに飲み切ることを推奨します

 

四合瓶¥1,500

500ml詰¥1,150

商品価格(税別)
\3,000