姿 極すがた 純米吟醸 無濾過生原酒 1800ml

特定名称:純米吟醸 原材料:米・米こうじ

精米歩合:55% アルコール度数:17.8度

本来であれば8月頃に出荷開始されていたのでその頃に取ろうかと思っていたのですが色々とありまして10月の入荷となりました

姿シリーズの中でほぼ唯一といって良い辛口な仕上がりとなっています

数値上は+8です

日本酒度自体は目安に過ぎないので+8だからどうこう言うわけでもないのですが偶には明記してみました

さて気になる味わいの方なのですが

雄町を使ったあの特有の美味しさが存分になされていると思います

辛口仕立てなのも手伝っているのですが非常にお酒の味わいが締まっているように感じられたと思ったら直後に非常によく醸されたからこその雄町本来の美味しさや旨味コクなどがたっぷり感じられます

が…

サラっというよりは結構ザックリと切れます

お酒の表面上はしっかり辛く感じると思うのですがその余韻のほうまでもしっかりと効いています

姿シリーズはその切れの良さが一つの特徴ですがこのザックリ感はこのお酒にしか無い表現です

芳醇系なブランドである姿の中でも一際目立ちやすい程の辛口としての存在感が非常に面白いです

ですが日本酒担当:稲吉としてはこの「辛口」仕立てである事をメインに推したくはないのです

あくまでも「極すがた」としての味わいの表現力としての一端に有ると思っています

是非姿ブランド全体を通しての一貫した味わいの一つであるということを楽しんで頂けたらと思います

香りに関してですが他の作品などと比べてもかなり控えめになっています

じっくりと嗅ぎ分けてみると「ああ、ちょっと姿の香りするかも」と言うような感じです

(温度によって結構変わってくるのでお試しください)

誰が飲んでも間違いなく辛口方面のお酒だと解る辛口仕上がりになっていますが様々な方に試して頂きたいタイプの仕上がりになっています

ベースが芳醇である姿シリーズを醸す蔵元が作るとこうなるよという一つの見本みたいなお酒でもあります

確かに辛い日本酒が苦手な方には不向きな部分はあるのでオススメはしませんが何かしらの機会に時間をかけて試してみて頂くと新しい発見があるお酒です

 

まだまだ書きたいことがかなりあるのですがとんでもない長文になってしまうので切り上げます

とても出来の良いお酒である「姿」シリーズを是非ご愛飲ください

商品価格(税別)
\3,200