久保田 千寿 純米吟醸 1800ml

特定名称:純米吟醸 原材料:米・米こうじ

精米歩合:麹50%:掛55% アルコール度数:15度

久保田シリーズは常にこれからも変わっていきます

それは既存製品でもそうなのですが常に美味しい事(変わらない美味しさ)を表現するには常にブラッシュアップされ続ける事が必要なので毎年毎年美味しさへの弛まない努力の賜物が同じ名前のお酒であっても中身は常に最新の出来栄えであるお酒が詰まっている事を想像しながら味わって頂けるととても有り難いです

 

さて

2020年の5月くらいに試験的に販売をしていたコチラなのですが10月より正式に通年販売となりました

1800ml/720ml/300mlと揃えてみました(今後当店扱い種類を変更する可能性あり)

先に飲んでいただいていた方達には大変ご好評頂きまして有難う御座いました

 

※今までの「久保田 千寿 吟醸」とは何が違うのか※

一番解りやすいのは「純米吟醸」になったこと

香りと味わいにほんのりと幅が出ました

吟醸のほうは相変わらずのシャープな仕上がりですがコチラの純米吟醸の方は幾分香りにふくよかさ(かなり心地良いうっすら米感と穏やか吟醸香)が加わり味わいに優しい旨味と甘味が加わった感じになります

この風味の出具合がまた素晴らしく久保田で有ることに揺らぎが一切ありません

飲みやすく飲み飽きしにくくお酒単体でも美味しいけど食中酒として更に美味しくなれる

そんな部分がそのまま活きています

また味わいに幅が出たことによる解りやすい美味しさが出たのもポイントでたぶん冷たいままでも感じて貰えると思うのですがダイレクトな旨味があったりします(千寿吟醸と飲み比べしてみるとめっちゃ解るとおもいます)

ここでこの「味」が出すぎてしまうと一気にクドくなってきて絶妙に美味しくなくなる事があります

このさじ加減と言いますか仕上げ方のバランス感覚がやっぱり凄いです

そして伝家の宝刀「辛口」な仕上がりで有ることは味わいの締めにも効いています

吟醸ほどのシャープ感が強くないのもありどちらかといえばこれから久保田を飲む方達にはコチラの純米吟醸をオススメします

でも今までの千寿吟醸を愛飲している方達にも是非一度は試して欲しい程の優れた作品です

 

まだ燗酒の実験が出来ていないのですが久保田は温めてもとても美味しく仕上がるので是非お試しを(たぶん大丈夫なはず)

まだまだ特筆はあったりするのですがちょっと長いのであと少しだけ

日本酒担当:稲吉が特に気に入っているのが味持ちの良さです

試験販売時に長期保管を試みてみたところ1ヶ月程は持つことが解りました

ですがそれもキッチリと管理をされている事が大前提なのはご注意を

ですが既存の千寿吟醸よりはかなり味持ちが良くまた変化が遅い感じがしています

確かに少しずつ風味が失われていく感はあるのですがとてもゆっくりですのでご家庭で楽しまれる分には飲み終わるまで然程劣化せずに楽しめると思っています

※ご家庭ではお酒は長期保管せず出来るだけ早めに消費をしてしまうほうが良いのは確かなのです※

 

後日また追記or書き直しするかもしれません

商品価格(税別)
\2,800