わかぜ 三軒茶屋のどぶろく 500ml

分類:その他の醸造酒

原材料:米(つや姫)

精米歩合:70% アルコール度数:11度

このブランドはとんでもなく凄いです

日本酒という概念を超えて「わかぜ」という世界初のお酒を作り上げています

以下ちょっと解説

2016年に一人で創業(本社は山形になります)

2018年7月に東京都世田谷区三軒茶屋に「WAKAZE三軒茶屋醸造所」を設立

2019年11月フランス・パリ近郊フレンヌ市に醸造所「KURA GRAND PARIS」設立

細かいことを明記すると現在(2020年)でも清酒製造免許は新規で取得することがほぼ出来ないため「どぶろく」の製造免許を取得して自社醸造所の設立

そして清酒製造免許が取得出来ないため清酒の生産は委託することに(委託先は山形県の蔵元)

※会社設立当時から自分たちでお酒作りのレシピを考案し委託先へ※

ちょっと小難しく実情が入り組んでいるためわかりやすくリスト化すると

・自社醸造分は「どぶろく」・「ボタニカルSAKE」の醸造

・委託醸造分は「オルビア」・「フォニア」シリーズのレシピ開発・醸造

となっております

現在当店での取り扱いメインは「どぶろく」と「オルビア」になります

品切れになってしまうことがどうしても多くなってしまうのですがご了承下さい

 

さて「わかぜ」ブランドが誇る数あるどぶろくシリーズの根幹になっているどぶろくがコチラになります

どぶろくと聞くと重厚感のある米感や甘味の強いちょっと独特な飲み物というイメージなどは無いでしょうか

相変わらず解説で凄い凄いしか言ってませんがやっぱり凄いんです

わかぜのどぶろくの特徴は簡単に言えば「超飲みやすいどぶろく」です

ちょっと解説をさせてください

どぶろくはなんといってもその「米がそのままお酒になったかのような」美味しさが詰まったお酒では有るかと思います

ところが「わかぜ」が作ると昔ながらのようなイメージではなく非常にあっさりとしながらもどぶろくとしての美味しさが存分に楽しめる味わいが表現されています

それもひとえに「酸」の扱い方に有ると思っています

「白麹」を使うことで冷やして美味しく感じる酸味を醸し出せるのですがコレがあることによって全体の味わいが良い意味で引き締まっておりどぶろく特有の重クドさを軽減

また出過ぎないほんのちょびっとジューシーっぽさや飲み心地の良い大人の甘酢っぱさの表現がなされています

香りの方には米感がありながらキツいなーとかちょっと重い感じを受けるなといったことが無いのが特徴です

人によっては「え、なんでこんなに爽やかなの」と感じる方も

どぶろく特有の香りは確かにあるのですがかなり軽快です

たぶん素直に「あ、いい香りがする」という人が多いのでは無いでしょうか

また今まで多数のご意見でありましたのがやっぱり「飲みやすい」でした

しっかりとした美味しさもありながらの「飲みやすい」なのでどぶろく自体を敬遠していた方などにもちょっと試して頂きたい逸品なのです

温めてみるのも手だとは思いますがまずは冷たくしてお召し上がりください

きっと今までとは違う「わかぜ」ワールドの「どぶろく感」を楽しんで頂けます

蔵元からの参照ですが食べ合わせ等の一例に

味噌漬けなど発酵食品・梅水晶などで酸味を合わせる・唐揚げなどの揚げ物・チーズケーキなどとなっております

単体でもあっさりと一本(500mlなのもありますが)飲みきれてしまうくらい飲みやすく美味しいのですが上記のような食べ合わせなども楽しみつつゆっくりと飲んで頂けたらと思います

本当にめっちゃ飲みやすいので飲みすぎ注意!

商品価格(税別)
\1,800